アクセスカウンタ 188625

鍼灸・吸玉・グアシャ 中国鍼灸院


プロフィール:

■院長:劉 化捷(リュウ カショウ)


■社団法人 日本鍼灸師会 会員
■社団法人 北海道鍼灸師会 会員
■札幌国民健康保険施術担当者指定
■生活保護施術担当者指定
■厚生労働大臣認定免許 鍼師・灸師

【プロフィール】
1987年 中国第二軍医大学南京医学院 卒業
1998年 内科医師を退職 来日
2001年 北海道鍼灸専門学校 入学
2004年 同校 卒業
      日本針師、灸師資格所得


【院長より】
鍼灸治療は、ぎっくり腰、神経痛、五十肩などの病気に短期で対応できるのが特徴。さらに、こころの病気、更年期障害、女性疾患にも目覚しい成果がでることが臨床でも証明されています。


また、身体本来の免疫力や治癒力を高める工夫など、日常使える身体のセルフケアアドバイスや、疑問・質問にも対応しています。


患者さんの元気になった笑顔が、一番のはげみになります。

264 美麗夜上海
2018年05月16日

コメントを書く




263 楽しかった旅行
2018年05月15日

5月8日から14日までJTB上海江南8都市大周遊ツーアを参加して上海、蘇州、無錫、杭州、紹興など8都市を遊覧しました。素晴らしいな景色、発達した経済、美味しい本場中華料理の魅力が感動した。観光の間は友たちに会いまして美味しい酒を飲みながら大学時代と卒業後のことを話しました。一週間の旅行が疲れましたが楽しかった
コメントを書く




262 お知らせ
2018年05月07日
お知らせ
都合により5月8日(火)から5月14(月)日まで休診致します、15日(火)から平常診療になります、御了承ください、よろしくお願いします。
コメントを書く




261 中島公園の桜が綺麗です
2018年04月30日

満開した桜

今日は休みで、良い天気し、中島公園に花見が行きました。満開したさくらがすごく綺麗だ
コメントを書く




260 お知らせ
2018年04月28日
お知らせ

  本院は例年通りでゴルデンウイークが休まないで平常診療になります.

何か不調がありましたら、ご利用してください、よろしくお願いします。
コメントを書く




259 3回の治療で顔面痙攣は大変良くなりました
2018年03月23日

3回の治療で顔面痙攣は大変良くなりました
 顔面痙攣は皆さんじゃよく分かるように原因は不明で臨床では難病です。今まで西洋医学では、良い治療法はないです。臨床では中高年女性患者はよく見れます。
 顔面けいれんは、片側顔面痙攣ともいいます。顔の半分が自分の意思とは関係なく痙攣するもので、ふつう目の周囲から始まりだんだん口元へと広がります。最初のうちの症状は疲れなどでまぶたのぴくぴくする症状との区別が困難です。徐々に進み、あごの下の筋肉も痙攣するようになります。頻度は、最初は緊張したときなど時々だけですが、徐々に痙攣している時間が長くなっていきます。やがて一日中、ときには寝ていてもおこるようになることもあります。
  72歳の女性患者は2年前から左顔面痙攣になり、初めは左下瞼はピクピクして、徐々に左顔は持続性ピクピクしました。病院ではMIRを検査がしましたが、異常が見えなかった顔面痙攣を診断され、でも良い治療方法がないので、そのまま放置しました。その後は症状は段々にひどくなり辛い毎日でした。
  3月20日に本院に治療を来ました、当日の治療は終わりましたら、顔の凝り感すぐ軽くなりました。今日は4回目の治療で、患者さんは、診療室に入ったら、:「先生、今朝から痙攣はほとんど感じなくなりました、顔が軽く,目がピカピカしてます、そんなに早く軽くなるのが嬉しいです、ありがとうございます。」と言われました。
コメントを書く




258 3回の治療で聴力が正常に成りました
2018年03月09日

3回の治療で聴力が正常に成りました
56歳の患者さんは1ヶ月前から左耳は持続性低音耳鳴りにしました、聴力も低下して、病院で耳鳴りを診断して治療しましたが、耳鳴りは軽減に成りませんでした。毎日耳鳴りので、不眠になり、胸苦しく成り、辛い毎日でした。3月6日は本院で鍼灸治療が始まりました、今日は4回目です。今日の11時ごろ診療室に入ったら:「先生、嬉しいです、先は病院で検査したら、医者は聴力が正常に成りました、睡眠も良くなり、凄く嬉しいです、ありがとうございます。」と言われました。
コメントを書く




257 名古屋城と犬山城を参観した
2018年03月04日

3月2日から3日まで、クラブツーリズム参加して、名古屋城、犬山城、伊勢神宮と松浦武四郎記念館を旅行に行きました。2日は中部空港に着いたらすぐ名古屋城と犬山城に参観しました。
コメントを書く




256 お知らせ
2018年03月01日
お知らせ
都合により3月2日(金)ーー3日(土)は休みになります。4日(日)からは平常診療になります、よろしくお願いします。
コメントを書く




255 2回の治療で症状が90%軽くなりました
2018年01月27日

2回の治療で症状が90%軽くなりました
68歳の男性患者さんは1月5日に右足の拇指先が原因不明で痺れました、感覚が鈍い、徐々にモモ、右下腹部まで上がりました。病院でMIRを検査がしましたが異常が見えなかった。痺れが段々にひどくなり、凄く辛いでした。
  1月24日にタクシーを乗る時、偶然に運転手さんから本院のことをわかりました、運転手さんから本院で治療することをお勧めしました。
  1月25日に岩見沢市から本院に治療を来ました。検査すると足が痺れ見えたが、赤い、腫れ、熱などの炎症性症状が見えなかった。痺れの原因がはっきりわかりませんでした。痺れの部位が座ッ骨神経の走行部位ですので、座ッ骨神経の症状に対応して治療をしました。第一回の治療が終わりましたら、下肢の痺れが軽くなりましたと言われました。
  今日は3回目の治療で、患者さんは診療室に入ったら:「先生、足から太腿までの痺れが90%以上軽くなりました、右下腹部の痺れが30%以上軽くなりました、右拇指先も大変軽くなりました、病院でも治療をできない症状がそんなに早く軽くなるのが嬉しいです、誠にありがとうございます。まだよろしくお願いします。」と言われました。
コメントを書く




254 1回治療で坐骨神経痛が軽減に成りました
2018年01月06日

1回の治療で座骨神経痛が軽減に成りました
  52歳の女性患者さんは去年の5月から腰痛に成り、腰から左足にかけて痛くて痺れはありました、中腰することが辛いでした。ホテル客室清掃業だから、中腰が多いですね、辛い毎日でした。
 昨日は本院に鍼灸治療を頼まれた。検査した見ると、腰は50°ぐらい屈曲しかない、腰と左臀部、下肢が圧痛があります。電気鍼で治療しました、治療が終わりましたら、腰はすぐ軽くなりました、今日の午後4時に2診を来ました。診療室に入ったら、笑顔で「先生、凄く嬉しいです、昨日の治療したら、腰と足の痛みが大変良くなりました、そんなに早くなるのが、想像できないのことです、ありがとうございます。」と言われました。検査見ると腰は90°以上屈曲することができました。
 写真は今日撮った写真です。
コメントを書く




253 正月休みの知らせ
2017年12月31日

新年休みお知らせ
 2017年はこれで終わります。一年間ご愛顧の皆さんありがとうございます。2018年もよろしくお願いします。
  正月休みは1月1日ーーー4にです、1月5日から平常診療になります、よろしくお願いします。
 皆さん新年快楽、万事順意、身体健康
コメントを書く




252 十肩が2回の治療で大変良くなりました
2017年12月26日

五十肩が2回の治療で大変良くなりました
 五十肩は皆さんはよくわかるように肩関節が痛くて動く範囲が狭くなる、いわゆる肩関節周囲炎という。
 60代の男性患者さんは今年の10月から左肩関節が痛くなり、上がる、伸ばすことができなくなりました、痛くて動く事ができないから辛い毎日でした、病院で五十肩を診断して、鎮痛剤、湿布を処方したが、症状が軽くなりませんでした。12月23日に本院で鍼灸治療が来ました。
 来る時肩関節は45°ぐらい上がらないでした。今日は3回目の治療で、患者さんは診療室に入ったら、笑顔で:「先生、2回の治療で肩関節は大部動くことができました、痛みが大変良くなりました、鍼灸治療が素晴らしいですね、本当にありがとうございます」と言われました。
  以下は12月23日来る時と2回治療後の写真です
コメントを書く




251 変形性頸椎症2回の治療で症状が輕減しました
2017年12月16日

変形性頸椎症2回の治療で症状が輕減しました
 変形性頚椎症はみなさんが良くわかるように 、主に中高年者に好発する疾患
 頚椎症は、椎間板(椎体と椎体の間にあってクッションの役割をしている)の退行変性、椎体骨の辺縁に骨棘(棘上の突起)が形成されるなどによって、脊髄から出て肩や腕にいく神経(神経根)が圧迫、刺激を受ける疾患です。
 頚椎は胸椎や腰椎に比べると、椎体は小さいですが可動性が大きく、前屈、後屈、側屈だけではなく左右に回旋するなど運動も多様で、しかも日常的に頻繁に動かすため、頸椎の可動性を担う椎間板は退行変性しやすいのです。
 骨棘が形成されても、まったく症状があらわれない場合もありますが、骨棘が形成されることで神経根や脊髄が圧迫され、頸部の痛み、肩のこり、上肢への放散痛、上肢のしびれなどの症状を引き起こす場合が多いです。
進行すると、上肢の運動障害、歩行障害なども引き起こすことがあります。
 50代女性患者さんは半年前から首から指にかけて痛くてしびれが出てきました、特に朝起きたら、指先がしびれて力が入れないです、病院で検査して変形性頚椎症を診断され、鎮痛剤と湿布を処方されましたが症状が変わらないでした、辛い毎日でした。
  12月13日から本院で鍼灸治療が始まりました、検査すると首と腕が圧痛があり、側頸部押すと上肢にかけて指先までしびれがあります、首が回す時も上肢が痛みがあります、変形性頚椎症診断して鍼灸治療がしました。第一回目の治療が終わりましたら首の痛みが軽くなったと言われました。私は:臨床経験を見ると、続けて治療の場合は大体10日間ぐらいで症状が大分軽くなると患者さんにお勧めしました。今日は3回目の治療で、午後患者さんは診療室に入ったら、:「先生、首の痛みが大変よくなりました、朝は指先のしびれもなくなりました、そんな早く効果が出るのはびっくりした、誠にありがとうございます。」と言われました。2回の治療で症状が軽くなるのが私も嬉しかったです
コメントを書く




250 素晴らしいですーー2回で指が伸ばすことができました
2017年12月09日

素晴らしいですーー2回で指が伸ばすことができました
 男性患者さんは数年前から右人差し指が伸ばすことができませんでした、病院でいろいろな検査と治療をしましたが、あまり効果がないままでした。数カ所の鍼灸院で治療したが、指が伸ばすことができませんでした。ホームページを見て12月5日に本院に鍼灸治療が来ました。当日の治療が終わりましたら、人差し指が伸ばすことができました。今日は3回目の治療で、患者さんは診療室に入ったら、指を自由に動くて見せました、:「先生、指がスムーズに動く事ができました、嬉しいです、素晴らしいな治療ですーーありがとうございます。」と言われました。
コメントを書く




249 2回の治療で症状が良くなりました
2017年10月15日

2回の治療で症状が良くなりました
 70歳の女性患者さんは
 @:7月7日に熱中症になり、その後はずっと微熱があり、病院でいろいろな検査がしましたが、異常が見れなっかたが、毎日が微熱があって辛かった。
 A数年前から夜尿が多い、毎晩4回ぐらい起きてトイレに行くから、熟睡ができないて、辛い毎日でした。
 B2013年第12胸椎圧迫骨折、2016年11月第3腰椎圧迫骨折だから、首から腰まで痛いです。
 C7月から双耳底部が痛いです。
沢山の病状があるから、毎日が辛くて暮らしてました。
ホームドクターという雑誌をみて10月10日に診療が来ました。10日、11日二日間連続治療しました。今日は15日3回目です。今朝、診療室に入りましたら、笑顔で:「先生、2回の治療をしましたら、微熱がなくなり、夜尿が2回に成りました、熟睡ができました、首、肩と腰の痛みも大部軽くなりました、本当にありがとうございます、嬉しいです」と言われました。
コメントを書く




248 1回の治療で腰が真っ直ぐになりました
2017年10月02日
1回の治療で腰が真っ直ぐになりました
 40代の男性患者さんは9月29日職場で仕事をする時、急に腰がぐきっとして痛みが走り、腰が動かなくなりました。常連客だったので、すぐ私に電話をしてきた。でも動くことができなかったので、すぐに来れなかった。10月1日に治療に来ました。腰がくの字に曲がっていましたが、治療直後、腰が真っ直ぐになりました。痛みが少し残っているので、今日私は定休日でも、患者さんが早く楽になるため、患者さんの治療をするために来ました。患者さんは診療室に入る時、姿勢がまっすぐになっていたので、びっくりした。腰がよく動くようになりました。札幌駅から歩いて来れました。患者さんは、治療効果が早く出て、嬉しいです、誠にありがとうございます。と言われました。
コメントを書く




247 精神科医は薬を使わず自分のうつを治る方法
2017年09月26日

精神科医は薬を使わず自分のうつを治る方法
最近は、河出書房新社出版した「自分のうつを治した精神科医の方法」と言う小説を読みました。小説の作者は医科大学卒業して精神科医です。医科大学卒業して病院で一年間研修して精神科医なった医者は、仕事を忙しくて睡眠が十分に取れず、生活リズームは崩して、毎日緊張している。子供時から家庭などのストレスも貯めいる、徐々に体がだるくなり、頭はスッキリしない、集中力は低下して、うつ病になりました。初めは先輩医者は処方した安定剤、抗鬱剤を飲みましたが、症状が軽くなりませんでした。仕事は上手く行けないでした。
 これからずっと薬を飲むといけないと認識しました、鍼灸治療や温熱療法、磁気療法などの自然治癒力を向上させる自律神経免疫療法して、徐々に薬をやめて元気に戻りました。
 作者の結論にとしては鬱は薬が治りません、「僕は、薬を使わない精神科医から、自律神経免疫療法の医師へとフイールドを広げていっています。一人でも多くの人が、病気を手放し、幸せになろのは、僕自身の幸せです。」と言うでした
コメントを書く




246 お知らせ
2017年08月29日
お知らせ
都合により8月30日(水)から9月6日(水)まで休みになります。7日(木)からは平常診療になります、よろしくお願いします。
コメントを書く




245 三年間の辛さが5回で良くなりました
2017年08月24日

眼輪筋痙攣は日常で良く出るの症状です、一時的な痙攣の場合は治療しなくでも自然に治る。もし長期間止まらないの場合は凄く辛いの病状です。
  60代の女性患者さんは、三年前から右眼輪筋痙攣になり、眼科、脳神経外科、歯科などの病院でCT、MIRをいろいろな検査したが、異常が見つけられなかった、安定剤、鍼灸などの治療がしましたが、症状が軽くなりませんでした。三年間右目の下縁が止めれないピクピクするので、右目の下瞼は左目の下瞼より厚くなった。涙がよく出るので、毎日多回涙を拭くするから、軽く下瞼外反しました。止まらないピクピクするから心煩になり、睡眠にも支障をきたす、辛い毎日でした。
  8月18日ホームドクターの雑誌を見て、ほんいんに鍼灸治療が来ました。
  第一回目の治療が終わりましたら、すぐ痙攣は軽くなりました、今日は6回目で、今朝、患者が診療室に入りましたら、”先生、5回の治療で痙攣はあまり感じなくなりました、睡眠が熟睡ができ、凄く嬉しいです、そんな短期間で良くなるのが不思議なことです、誠にありがとうございます。もし早く先生の治療院がわかるのが、そんなに辛くないね”と言われました。
コメントを書く




次の20件



2004-2019 アロマテラピーの森 All rights reserved
2019/06/16